読み込み中

経血量が減るとトイレで出すのが難しくなります…

経血量が減るとトイレで出すのが難しくなります…

経血量がピタッと減る

トイレで経血を出す練習、経血トレーニングを始めると、驚くことの1つが、2~3日目に経血量が急にピタッと減ることです。

早い人はチャレンジ1回目から急に減る喜びを感じますし、殆どの方が3~4回目には感じる変化です。(ぜひとも感じてもらいたい!)〈ピタッと減った体験談〉

ピタッと減ることを実感すると、多くの方からこのような質問をいただきます。

3・4日目の方が経血の量が減るからか、お手洗いで思った通りに出しきれず、お手洗い以外のところで出てしまうことが多々ありました。3・4日目で意識していたことなどありましたら教えていただけますと嬉しいです。(2020/4受講Tちゃん)
3日目とかで、もうだいぶ経血が減ってきた時に、ふんってしても、トイレで出るものですか?なかなか難しいな~と思って。(2020/2受講Mちゃん)

順調なトレーニング

まずは、3日目に量が減ったということは、経血トレーニングはとても順調に行えているということです♪1~2日目には何度もトイレで経血を出せているから、3日目には量がピタッと減るのです。トレーニングが順調に進んでいることを、まずは大いに喜びましょう♪

量が減ってから問題

1時間半おきにトイレで経血をふんっと出す経血トレーニングが、順調に進んだことで起こってくるのが、量が減ってから問題です(笑)

1~2日目はトイレでふんっとすると、ドロッとしっかり経血がまとまって出てきます。そのお陰で3日目にはほぼ出し切れます。〈出し切る…もっと詳しく〉

3日目頃に量がピタッと減ると、トイレでふんっとしても、殆ど経血が出なくなります。そして量が減る分、チョロッとトイレ以外で出てしまうことが増えます。これが量が減ってから問題です。

いつものタイミングに戻す

量がピタッと少なくなったら、まずはトイレに行くタイミングを、行きたくなったら行くという、いつものタイミングに戻します。1時間半おきにこまめにトイレに行くのは、終わりです。

ふん♪は続ける

トイレに行くタイミングを戻しても、トイレに行くたびにふん♪と力むことは続けます。ドロッと出なくても、5~6日頃までは、ポタッと落ちたり、ティッシュに付いたりします。茶色のおりもののようなものが出るまで、子宮の中を奇麗にする様な気持ちで、ふん♪を続けましょう。

だんだん漏れなくなる

最初の頃は、量が少なくなると、トイレ以外で生理用品に出ることがあります。これは経血トレーニングを続けることで膣が鍛えられ、締まりが良くなることでどんどん改善されてきます。

でもここは注意点です!鍛えよう、締めようとは絶対に思わないでくださいね。

経血トレーニングでふん♪と押し出すことを続けると、勝手に筋肉が育ちます。いつの間にかしっかりと育つのです。
生理中は子宮周りを緩めることが大切です。緩むことでスムーズに経血が外に排出されるからです。
ですから、締めることは絶対に意識しないでくださいね。自然と育つのを見守りましょう♪