読み込み中

生理前、子宮の準備体操のススメ

生理前、子宮の準備体操のススメ

子宮の準備体操?

ピラティスのインストラクターが本業の私。1時間のレッスンでは、もちろん突然ハードなエクササイズは行いません。まずはこれから鍛えるインナーマッスルのストレッチ。ゆっくり20分ほどかけてほぐしてからエクササイズを行います。

経血トレーニング講習会では、生理痛の悩みをよく伺います。多くの女性の生理についての悩みを伺ううちに、ふっと気付いたんです!

「生理前には子宮の準備体操が必要なのでは??」

子宮も筋肉

子宮は見えないのでイメージが難しいですが筋肉です。生理中は、子宮という筋肉が収縮活動を活発に行い、経血を排出します。

生理前に子宮の準備体操をしないということは、マラソンやサッカー、ダンスなどの運動をする前に、準備体操をせずに、突然走ったり飛んだりする様なものです。

暖かい時期ならまだしも、真冬の寒い時期に準備体操もしないで突然走ったりしたら、怪我の危険もあるし、何よりもとってもきついですよね~。

ストレッチをして、筋肉を温めてから動きたいと、私たちは自然に思います。

子宮は温めて準備する

子宮も同じように、準備体操をしてあげることで、スムーズに収縮活動ができ、生理痛もやわらぐ可能性があります。

でも子宮のストレッチは難しい(笑) どうやって伸ばせばいいの?(笑)

そこでお勧めなのは温めることです♪

そして温めるためのお勧めアイテムは《湯たんぽ》です。あまりにお勧めなので、今までも何度かブログで紹介しています。

〈湯たんぽブログ①〉

〈湯たんぽブログ②〉

もうすぐ生理が始まるな~と感じたら、湯たんぽでお腹や腰を温めて、子宮の準備体操を始めましょ♪
ほっかほかで柔らかい子宮にして、スムーズに収縮活動が出来る準備をしましょ♪
生理が始まったら、こまめにトイレでふん♪っと経血を出しましょ♪
しっかり出して、さっさと終わる、快適な生理生活を送りましょ♪