読み込み中

鍛えられるのは骨盤底筋群

鍛えられるのは骨盤底筋群

骨盤底筋群とは?

「経血トレーニングって、どこをトレーニングするの?」と、鍛えるところ、使う筋肉が、ピンとこない方は多いのではないでしょうか。それもそのはず!経血をコントロールしてくれる筋肉骨盤底筋群は見えにくいところにあるからです。

見えやすい筋肉と言えば、例えば腹筋!
〔夏までにウエストー5㎝!腹筋の鍛え方〕な~んて広告を見れば、「そうよね!私も最近気になってるの~」と、お腹にすっと手が伸びます。
〔ノースリーブを素敵に着こなす二の腕エクササイズ〕な~んて広告を見れば、二の腕をつまんで確認しちゃいます。
腹筋や二の腕は表面の大きな筋肉。自分で見やすく、意識がしやすい筋肉なのです。

でも骨盤底筋群は見えにくい筋肉なので、意識がしずらいんです。

ではご覧いただきましょう!骨盤を上からのみた骨盤底筋群です。

初めて見た方も多いと思います。

絵に描かれている筋肉は全部骨盤底筋群。それぞれに筋肉名はありますが、まとまって動くので骨盤底筋群と呼ばれています。例えば尿道は緩めて膣と肛門は締めることはできません。緩めるときは3つとも緩み、締めるときは3つとも締まります。

大活躍の骨盤模型

まだピンとこないあなた!ご安心ください♪ 講習会では実物大の模型をお見せします。

講習会での私の相棒♡ なかなかのシュールさです。

 

講習会では模型を見ていただき、さらにタオルを使ったストレッチを行うことで、骨盤底筋群を感じていただきます。講習会の初めに見て感じていただくことで、具体的な方法やコツの説明がより理解しやすいからです。

説明を聞くとつい頭で考えてしまいますが、生理の現場は骨盤の底です。講習会の合言葉は「事件は頭じゃない!事件は骨盤底で起こっているんだ!」大ヒット刑事ドラマのまねです(笑)

できる気がする

実物大の模型を見ながら、実物大の筋肉を見ながらお伝えすることで、イメージがわきやすくなります。
*こうなってるんだ~
*ここから出てくるんだ~

イメージがわくことで、納得できます。
*なるほどね~
*確かにね~

イメージがわき、納得ができると、できる気がしてきます。講習会後に参加者さん皆さん言われます。「私にもできる気がします!」そう言ってもらえたら私の講師としての仕事は大成功です♪ そして一番嬉しい感想「次の生理が楽しみ」に繋がります♪