読み込み中

《経血トレーニング》の商標権設定登録完了♪

《経血トレーニング》の商標権設定登録完了♪

新しい言葉

《経血トレーニング》という言葉を、聞いたことがない方は多いと思います。聞いたことがあるような~という方も、もしかすると経血コントロールかもしれません。

それもそのはず!《経血トレーニング》という言葉は、私の造語です(笑)私がノーナプキンで過ごせるようになった、楽な生理をお伝えしようと、講習会を開催することにした時に、講習会の名前を考え《経血トレーニング》という言葉を作りました。

経血コントロールとの違い

「経血をコントロールする」と聞くと、出さないことを意識しませんか?

*出さないようにすること!
*膣のあたりに力を入れ出さないこと!

コントロールという言葉は、出さない力、つまり主体的に能動的に、自らがコントロールする!そんなイメージを沸かせてしまいます。想像するだけでただならぬ緊張感です。そして私には無理そうと、聞いただけで諦めてしまいます。実際に多くの方に言われました。「出さないようにするんですよね?」

でも実際私がしていることは全く逆です。経血コントロールとはまず出すことです!
経血コントロールをマスターするまで②さっそく挑戦トイレでふん♪でもお伝えしましたが、私の第一歩目は出すことから始まったのです。

講習会では繰り返しお伝えします。
*出すことに集中する
*出さないことは意識しない
*出さないことはいつの間にかできるようになる

商標登録を申請

《経血トレーニング》はメソッドです。具体的なやり方です。だから、正しく伝えることがとても大切です。

そして間違ったやり方、具体的には「とめておくのよ」とか、「骨盤底をゆるめて出すのよ」とかが伝わると、「経血トレーニングは効果が出ない」なんて評判がたってしまいます。

メソッドである限り、正しく伝えることがとても大切になります。

そこで1年前に特許庁へ商標登録を申請しました。

登録完了

そして待ちに待った『商標権設定登録通知書』が手元に届きました♪

初めて《経血トレーニング》という言葉を作り、伝え始めて思ったことは…、自分の本業の《ピラティス》という言葉の偉大さでした。

ピラティスを習い始めたのは、13年くらい前。その頃東京に伝わって5年くらい、福岡に伝わって2~3年くらいでしたが、初めからとにかく素敵なイメージでした。

ピラティスと言えば、マドンナがやってる。ピラティスと言えば、トップモデルがやっている。ピラティスと言えば、ハリウッド女優がやっている。お洒落でスタイリッシュで健康的で、きらきら素敵なイメージでした。

「私はピラティスのインストラクターです。」「ここはピラティスのクラスです。」と言えば、大体の内容はわかってもらうことができ、「ピラティス、私もやってみたいです!」と前向きな言葉を言ってもらえる。

言葉の説明は殆どいらなく、素敵なイメージに彩られた《ピラティス》という言葉が、どんなに自分の仕事を楽にしてくれていたかを、知ることが出来ました。

それは《ピラティス》を作ったジョセフピラティスさんの功績でもあり、たくさんのピラティスインストラクターが守ってきた証でもあり、ピラティス愛好家の思いでもあると思います。

 大切に育てたい

商標登録が完了して、改めて《経血トレーニング》という初めて自分で作った言葉を考える時、《ピラティス》のように育ってほしいと思うのです。

《経血トレーニング》という言葉は、まだまだこれからの言葉です。今はまだ「経血トレーニング?何のことですか?」と言われます(笑)だからこそこれから、ここから、大切に大切に育てたいと思います。

大切にそして大胆に
大切にそして情熱的に

世界中の女性の生理が楽になるように、《経血トレーニング》を伝え続けていきたいと思います。